職種別や障害者向けの求人の実態などについての現状

求人情報サイトを利用する前にチェックすべきポイント
  • 障害者の雇用

    最近では身体に障害を持っている人だけでなく精神障害の方の雇用がされるようになってきています。こういったことには色んな予測などが大きく挙げられていて今後の動向に注目があります。

    ▶もっと読む
  • コールセンターの求人

    コールセンターでのアルバイト・パートの魅力の一つに、時給が高い点があげられます。主婦や学生など自由になる時間が少ない人でも、短い時間でたくさん稼ぐことができますので、コールセンターは効率よく稼ぐにはぴったりの仕事だと言えます。

    ▶もっと読む
  • 編集の仕事をする

    編集とはある程度出来上がったものを調整して完成品にする作業のことで主に映像や活字の分野で広く使われており求人先としては出版社、広告代理店、映像制作会社などのほか、近年はホームページ制作会社などがあります。

    ▶もっと読む

会計事務所で働く

会計事務所の実態とは

会計事務所の代表者は、ほぼ税理士や公認会計士といった有資格者で占められています。一方、社員の場合は税理士の資格を持っている人もいれば、税理士試験の科目合格者という人もいたり、また簿記の資格しか持っていないというように事務所によって違います。ただ、最低でも簿記の勉強はしておかないと仕事を覚えるのに苦労するかもしれません。 近年、中小企業の数が減っているのにも関わらず、税理士や公認会計士は増えているので、競争は激化しています。しかし、税理士の大部分は年齢が60代以上であることや、世の中がグローバル化しているということもあり、若い人が活躍できる余地はまだまだあると思います。

求人動向と今後の予測について

会計事務所の求人ですが、主に業務拡大をしている事務所は人手不足の傾向になっている場合が多いので、求人誌や求人サイトで募集をかけてきます。会計事務所の求人の場合、応募する際に注意が必要です。例えば簿記の資格取得者や税理士試験の科目合格者、実務経験者限定などなんらかの条件を課してくる場合が多いです。そして、資格なし・未経験者歓迎といった求人はほぼないと思ったほうがいいです。また、お客様の所に訪問するので運転免許は必須です。 先ほど言いましたように、会計事務所も競争が激化しているので、今後は実務経験や税理士の有資格者を重視した採用をしてくる可能性が高いです。即戦力となりゆる人材を会計事務所側は欲しがっていると思われます。